奥様に異変を感じられて、「ひょっとして浮気をしているのでは?」と思っておられる皆さまは、きっと不安や怒りをお持ちだと思います。

そして事実を知るために当事務所のホームページをご覧になっていることかと思います。

しかし、調査して事実を知った後のことをお考えでしょうか。怒りや不安に任せずにまずはご相談ください。経験豊富なスタッフが調査後のことも踏まえて親身になって相談に乗らせていただきます。

調査後のご自身をイメージされていますか?

奥様の浮気を疑われている多くのお客様は、「浮気の事実を知ったらどうされますか?」という私どもの問に「もちろん離婚します」とお答えになります。しかし、実際に調査して事実を知ったあと、子供の親権のこと、仕事のこと、ご自身の将来のことを想像されて、離婚を選択しない方も多くいらっしゃいます。

まずは調査した後のことをしっかりとイメージしてみませんか。

楓女性調査事務所では経験豊富なスタッフが親身になって相談に乗らせていただいております。

調査後のご自身をイメージされていますか?

お子様の親権のこと、考えられていますか?

奥様が浮気をして離婚した場合でも、親権は奥様に持っていかれることが多くあります。その場合、奥様にはお子様より大事にしてしまう人がいるので、最悪の場合育児放棄につながりかねません。また、ご主人が親権を持たれる場合には、ご自身の生活が一変してしまうことをご理解ください。子供がまだ小さい場合、育児のために帰宅時間を早くせざるを得ず、仕事の出世コースから外れてしまうことも多くあります。

このように、勢いで離婚まで進んでしまうと、お互いに不幸になることもあります。

25年間で7000件の調査を行っている当事務所のスタッフに、まずはご相談ください。みなさまやその御家族の今後の人生を幸せにするお手伝いをさせていただきます。

お子様の親権のこと考えられていますか?

事実を知ったあと、どうするか

「事実を知ったあと、どのような行動を取るのが最も幸せになれるのか」を私たちと一緒に考えていきませんか。「知らぬが仏」という言葉もあるように、安易に調査をしてしまうと、もう「事実を知る前の世界」には戻れないのです。
だからこそ、調査の前にしっかりと調査後のことを考えて「それでも調査したい」という場合にのみ調査依頼をいただきます。 代表自身も離婚でとても苦労しました。みなさんにはそんな苦労はしてほしくない。
また一番の犠牲者は子供です。子供に不幸になってほしくない。 そんな気持ちで皆さまのサポートをさせていただいております。「相談=調査依頼」ではないので、まずは悩み相談のつもりでご連絡ください。

事実を知ったあと、どうするか?