=別れたくないパートナーになるには? 7=妻の浮気専門 楓女性調査事務所 愛知県名古屋市昭和区

こんにちは、愛知県名古屋市昭和区の探偵 楓女性調査事務所の三浦です。

いつも、当社のブログを見て頂きありがとうございます。

 

前回は、妻(女性)が男性を選ぶときはパートⅡで愚痴をいうもの言い方で伝わり方が違うとお話させて頂きました。

 

今回は、

  ケンカにならない話し方は?

                  についてお話させて頂きます。

 

 

夫婦・カップルがケンカする理由の多くは価値観の違いで互いに自分の価値観を押し付けようと

してしまうことが多いと思います。

些細な理由のケンカでも互いが意地を張り過ぎ大事のなることもあるでしょう。

 

良く聞く理由の一つに妻(女性)の話に主人(男性)が共感しなく、尚且つ主人(男性)が一方的に

結論や解決策を話し出してしまうことがあると聞きます。

妻(女性)の多くは話を聞いて共感してほしく話をしているだけで、解決策は聞きたくないのです。

そんなとこを踏ま、例えばある夫婦のお話を致します。

世の中のご主人はどう返答するか考えてみてください。

 

妻:ごめんね急に残業を頼まれて、断れなくで遅くなった

主人:はっきり断らない君が悪い。

妻:断ったけど、机に書類を置いて行かれたから仕方ないでしょ!

  上司だし…

主人:何でも言う事を聞く必要があるのか?上司でも断ればよいだろ!

 

皆さんはこの会話をどう思われ、自分であればどう返答したとお考えになりますか?

この会話ではケンカにしかなりませんよね?!

 

妻(女性)の勝手な言い分かもしれませんが妻は話しを聞いてもらい主人からの共感が欲しかった

だけなのです。ごめんと誤ったけど、言い訳した妻にも悪いところはありますが、ケンカは避けたいものですよね!

そんな時、主人の返答が急な残業か大変だったね。君の上司も困ったものだ。だけど毎回急な残業に対応してると

君も大変だから上手に断ることを覚えないといけないねと言ったらケンカになるでしょか?

 

自宅はゆっくりくつろぐ場所でありたいので、気分よく夫婦の時間を過ごせると思いますし、

会話も増えていくと思います。